歩行術の必要性

【歩く】ことは現代人には大切な運動法の一つだが...

ウォーキングという言葉が一般化している現在、歩くという行為が単なる移動手段の一つというだけでなく理想的な運動方法だという認識はさらに高まっています。

 

通勤や通学の道のりを利用して少しでも歩こうと努力している人や、各地のウォーキングイベントなどに参加して観光地を巡る行事を楽しむ人も増えています。

 

しかし同時にその歩くという行為を意識的に取り組むことが原因で身体に不調をきたしている人も少なからず出てきています。

ヒザを痛めたり

腰を悪くしてしまったり

脚が浮腫んでしまったり

こうした身体の不調が関連した偏頭痛や首肩のコリが慢性化している人も出てきてしまっています。

 

歩くということをテーマに取り上げるテレビ番組やブログやSNSでは、歩数や時間に意識を向ける人ばかりが目立ちますが、本当に大切なのは歩く際の身体の使い方なのです。

身体の使い方を変える【歩行術】